春日 貴禎

一度思い切り汗を流したいという思いで、建設の仕事を選びました。

005

メッセージ

前職は畑違いの仕事だったのですが、一度思い切り汗をかいてみたいという思いと建設の仕事に興味があったこともあって、セイフティーテクノスに入社しました。入社してみて思ったのは、建設とはものづくりであり、ものづくりの現場に立ち会える仕事の面白さです。家というのは施主様にとって一生モノの財産で、そんな大切な財産の完成に関わることができた、手伝うことができたというのは、この仕事のやりがいだと思います。

仮設の足場ではありますが、それぞれの現場では作品が作られているという感覚を持っています。ひとつとして同じ現場はありませんし、そう思って仕事に取り組むと芸術的な作業をしているような思いにもなれます。

私もこの年齢なので、若い世代の人たちに教えていきたいこともたくさんあります。安全第一で自分が納得できるまで働き、私なりに何かを伝えていければと思います。